Tags: Shifter JA

これから始めるシリーズ第一弾 「Shifter Static を完全マスター」

Shifter は、約55の国と地域で世界をリードする企業、思想家、クリエイティブの方などあらゆるレベルのユーザーが利用しています。

この「はじめての Shifter 日本語ガイド」では、これから Shifter を利用される方へShifter がどんな製品なのか基本のガイドラインを紹介します。
また、Cheat Sheet も案内しています。併せてご活用ください。

まずは基本の Shifter を知っていただき、それぞれの役割によって必要な情報や足りない情報がありましたら私たちチームにフィードバックください。

私たちチームは、Shifter を使った開発プロジェクトに役立つコンテンツを用意しています。Blog、動画、サポートドキュメント、サポートチャット、ミートアップ、オフィスアワー、Shifter パートナーなど必要に応じたコンテンツで皆さんをサポートします。

サーバーメンテナンス不要!
安定・安全・簡単なサイト運営の強い味方 Shifter(シフター)

Shifter は、国内外で WordPress の構築やプラグインの開発など多くの実績を持つ株式会社デジタルキューブが提供する Web サイト運営サービスです。

CMS として世界的に人気のある「WordPress」をベースに、超高速で安全な Web サイトが、特別な知識がなくても運営が可能になります。

Shifter は、WordPress サイトをそのまま静的に変換して高速配信できる「Shifter Static」と、WordPress のデザインテーマに縛られない Web サイトの構築が可能な「Shifter Headless」をご利用いただけます。

中でもホスティングや CDN・SSL などWebサイトの運営に必要な機能がオールインワンになった「Shifter Static」は、Shifter の基本プロダクトとしてさまざまなタイプのサイトでご活用いただいています。

Shifter Static 3つのおすすめポイント

1:安定

Shifter では、静的サイトの状態で Web サイトを公開することで、PHP やデータベースといった表示が遅くなるボトルネックを排除し、超高速な Web サイトを実現します。また、サイトは Amazon のクラウドサービス「AWS」が提供する高性能なグローバル CDN を介して配信。普段からアクセスの多いWebサイトはもちろん、突発的に急増したアクセスにも耐える堅牢性を誇ります。
Web サイトの静的化により、パフォーマンス測定結果の大幅な改善も期待できる点も特徴の一つです。

2:安全

WordPress は世界的に人気のある CMS のため、WordPress を狙った不正アクセスも急増しています。Shifter ではサイト更新の時だけ WordPress が動作し、更新が終わると終了する仕組みのため、不正アクセスを受けることがありません。不正アクセスしようにも、アクセスする先の WordPress が存在しないからです。

3:簡単

サイトの更新は WordPress の機能をそのまま使うことができます。また、Shifter Static  では、ホスティングやバックアップもオールインワンになっているため、Web サイトを管理するサーバーと、Web サイトを更新する WordPress は1つのアカウントで一元管理できます。さらに WordPress のバージョンやサーバーの OS や PHP、データベースなども自動でアップデートするため、サイトの運営に専門のIT部門を必要とせず、保守やメンテナンスのコストも不要です。

Shifter Static のパフォーマンス

超高速

静的サイトの状態で Web サイトを公開するため、PHP やデータベースなどの CMS 特有の遅延要因を排除、超高速な Web サイトを実現します。

画質品質を担保

次世代の画像フォーマット「WebP」に対応し、画質を落とさず表示速度と顧客体験を向上します。

表示速度改善

HTTP2 に標準対応し、画面のレンダリングを妨げるオーバーヘッドを排除します。

その他魅力的な機能

自動バックアップ

サイトを更新するタイミングで自動的にサイトのバックアップを行います。サイトを修正したらデザインが崩れた、という時も簡単に元の状態に戻すことができます。

Team(マルチユーザー)機能

複数のサイトを管理する場合、どのサイトにどのユーザーがアクセスできるかをコントロールできます。ユーザーの権限も3段階(管理者、編集者、投稿者)で設定が可能です。

Basic 認証

リリース前の Web サイトなど公開前のサイトの場合は、Basic 認証を設定して関係者のみ閲覧することが可能です。

他にも魅力的な機能を取りそろえています。
ご不明な点はお気軽にご連絡ください。

サポート体制

WordPress や AWS のコミュニティで活躍、世界トップレベルの経験とノウハウを持つプロフェッショナルが在籍しています。また、日本語・英語でのチャットサポートも提供。3営業日内に迅速な回答を行います。

Shifter サイトまたは Shifter ダッシュボードの画面右下にあるチャットマークから日本語で話しかけてください。

こんなサイトに最適

企業サイト

更新頻度が少なく、通常はあまりアクセスがないがテレビ出演や SNS で話題になるなどアクセスが急増した場合にも露出を損なうことがありません。サーバー料金といった直接的な費用はもちろん、サイトを管理する人的コストといった間接的なコストも抑えることができます。

キャンペーン・イベントサイト

公開までアクセス数が読めないようなサイトでも、AWS の CDN で配信することで想定外のアクセスにも耐えることができます。キャンペーンやイベント後は静的サイトとして保存できるため、その後のメンテナンスも不要です。

中規模のブログサイト

定期的ではないが突発的に訪れるアクセスで、せっかく書いた記事が表示できない、ということのないよう安定した環境でブログを構築できます。使い慣れた WordPress の画面でブログを更新でき、テンプレートも自由に選んでカスタマイズすることが可能です。

公開時期が終わったサイト

公開期間が終わったがサイト自体は残しておきたい、けれど運用や保守のコストがかけられない、という場合は Shifter に移項して静的サイトとすることで、セキュリティ対策やアップデートなどを気にすることなく安全な状態かつメンテナンスフリーでサイトを維持できます。

Shifter Static の導入事例は、Showcase ページにて日本法人も含めた世界中の事例を一部ご紹介しています。
ぜひご覧ください。

注意事項

Shifter Static は WordPress を活用したサイト構築サービスですが、WordPress とイコールではありません。利用に際しては以下の注意事項をご確認ください。

サイト更新は2段階

Web サイトを更新する場合はまず Shifter にログインし、WordPress を起動してから更新することになるため、WordPress に直接ログインするよりも手間がかかるほか、投稿完了から公開までのタイムラグも発生します。

一部プラグインが利用できない

静的サイトとして出力するため、お問い合わせフォームやショッピングカートのような動的な機能は利用できません。ただし、Google フォームのような外部サービスを利用することは可能です。Shifter が対応する推奨サービスの情報も公開しています。

カスタマイズはブラウザから

テンプレートの追加や更新といったカスタマイズはすべて WordPress の管理画面から行います。SSH や FTP/SFTP でファイルアップロードしてのカスタマイズは利用できません。

料金プラン

サーバーや CDN などトータルの費用を含み、1サイトにつき月額約1,700円($16)※から利用できます。

※グローバルサービスのため、サービスの通貨はUSドルとなっております。
※日本円でのご請求ですが外国為替の変動に伴い、ご請求金額が変動いたします。
※請求書払いをご希望の法人様は別途承りますのでお気軽にお尋ねください。

無料版もございます。まずは無料版でお試しください。

Cheat Sheet

Shifter の基本ガイドやパンフレットは、PDFでもご覧いただけます。
ダウンロードをしてご活用ください。

皆さんのフィードバックが私たちの開発を促進します。
ぜひお気軽にお声がけください。