Tags: Shifter JA

時代はヘッドレスCMS?! 興奮冷めやらぬオンラインミートアップ「Shifter Headless と Alogolia 活用術!」をレポート

みなさん、こんにちは。
9/9(水)に開催された “Shifter オンラインミートアップ「Shifter Headless と Alogolia 活用術!」の様子を当日の資料やツイートまとめを含めて振り返り&紹介します。

ZOOM参加やライブ配信聴講が世の中的にも定着しつつある9月、Shifter Meetup もオンラインで始めてから6回目の開催となりました。
参加者も運営側も少しずつオンライン開催に慣れてきた様子で終始楽しく、興奮と学びが止まらない、あっという間の2時間半でした。

今回のテーマは、Shifter Headless(ヘッドレスCMS)と Algoliaです。前回のミートアップでも盛り上がったShifterを活用した Jamstack な構成や、Headless CMSの詳しい紹介に加え、爆速検索 API サービスでおなじみの Algolia に関するトピックはさらにみんなのハートをしっかりキャッチしたのではないでしょうか。

スピーカー

堀家 隆宏(ほりけ たかひろ)さん

株式会社 Serverless Operations / CEO
Twitter : https://twitter.com/horike37

篠原 英治(しのはら えいじ)さん

Algolia K.K. / Senior Manager Solutions Engineer
Twitter : https://twitter.com/shinodogg
Blog : https://shinodogg.com

上釜 幸大 (うえかま ゆきひろ) さん

株式会社 現場サポート / モバイルエンジニア、インフラエンジニア
Facebook : https://www.facebook.com/kusokamayarou
Twitter : https://twitter.com/kusokamayarou

それではタイムラインに沿って、Meetup を振り返っていきたいと思います。

Shifter Meetup 恒例の乾杯の準備をして、開始まで待ちます。

司会進行役は Mr.顔抜き WKJ、カスタマーサクセスの赤塚さん。

赤塚さんが、今日もいつものように場を和ませ、温めていきます。Twitter の練習や Twitter ハッシュタグがもたらす出会い・繋がりなどコミュニティにとって大切な話も交えてユーモア溢れる進行が始まりました。

そして人も集まってきたところでオープニングトークへ。オープニングトークは、カスタマーマーケティングの伊藤さん。

まずは、Shifter の基本について紹介です。Shifter Meetup のオープニングでは、最新のアップデート情報だけではなく、必ず Shifter の基本について話をいつもするようにしています。Shifter を初めて知る人や初めて Meetup に参加する人に紹介することはもちろんですが、Shifter を知ってる人、すでに使ってる人とも一緒にみんなで学びの輪や連鎖が起こったらいいなぁと基本の話を通じて願っています。

また、今回は Shifter Headless がメインの回ですので、改めて、Shifter Headless のチュートリアルも紹介しています。

最新アップデート情報はこちらになります。

  • Shifter Headless で 利用可能になった WP Search with Algolia の紹介
    WordPressの更新に合わせて Algolia のインデックスが自動で同期されるようになりました。
  • Shifter Static で困ったときに、Shifterのサポートとサイトを共有してヘルプが受けられる Invite Support ボタンの紹介
  • PHP バージョンアップの紹介

いつもながら盛り沢山なオープニングとなりましたが、ここからがいよいよメインセッション。しっかり頭の準備体操が終わったところで、オープニング終了となりました。

  • スライドはこちら
https://speakerdeck.com/digitalcube/shifter-online-meetup-0909

期待高まる中、始まりました堀家さんによる「Shifter Headless とSaaSを組み合わせたサーバーレスECサイトの構築」です。

まずは、サーバーレスについて非常にわかりやすく紹介していました。できるかぎりクラウドや SaaS のサービスを活用してプロダクトを開発する、サーバーをできる限り使わないという文脈からサーバーレスと呼ぶ。これについては参加者一同、理解を深めた様子で、続いてサーバーレスの本質について触れた堀家さんの言葉は、すぐにでも始めて見たくなる、始めることができると思ったはずです。また、Shifter の思想や Algolia との親和性を感じることができ、話は実際の活用ストーリーへ展開されました。

中でも参加者の注目をかっさらったのは、AWS AppSync でした。注目のポイントは アプリ開発において人気の高い GraphQL。1つの GraphQL エンドポイントでまとめて取得できるという点は効率の良いイメージがわき、サーバーレス EC サイトをすぐにでも試したくなる話でした。

ここまでは高効率であることや便利なことなど、冒頭に出てきたサーバーレスの本質「実装者のリソースを本質にフォーカスする」といった話をシェアしつつ、堀家さんは最後に EC サイトをサーバーレスな構成で作ることについて、メリットとデメリットについても紹介していました。

圧倒的にメリットが多いことがわかった堀家さんのセッション。すぐにでも試すことができるイメージが湧いたように思います。試された方はぜひフィードバックをしていただけると嬉しいです。また、デメリットについて解消したい、もう少し深めたい、実践をサポートして欲しい、という方はサーバーレスのプロである堀家さん所属の Serverless Operations に相談して見てはいかがでしょうか。Serverless Operations では、無料相談会(Office Hours)を毎週水曜日 16:00 ~ 18:00にて1社もしくは1人あたり30分間、Google Meetを使ってオンラインで開催しています。こちらも活用してみると素敵なことが起こるかもしれませんね。Shifter パートナーでもある Serverless Operations にぜひ Shifter Headless も交えてお尋ねください。

セッション終わりの質問&ディスカッションタイムで堀家さんの名言「呼吸をするように Auth0(認証許可サービス) を選んだ」も飛び出し、Algolia の篠原さんにバトンタッチとなりました。

  • スライドはこちら
https://speakerdeck.com/slsops/shifter-serverless-ec

 

Algolia の篠原さんからは「2020年 秋 Algolia入門」。Algolia の中の人から直接話が聞けるとあって、参加者はみんな前のめり状態で篠原さんをお迎えしました。

「Algolia はただの検索エンジンではございません」から始まり、ここからが怒涛の Algolia ワールド、篠原さんの落ち着いたトークが息する間もなくスタートしたのです。
Algolia とは?といった基本的な話の段階から釘付けでした。プロダクトの成り立ちや本質的なこと、ミッション、思想は、まさに Algolia であり、だからこういうサービスなんだと納得させられました。
Algolia の代名詞となっている「爆速検索」の背景や思いを知ることができ、「速さ」にこだわるだけではなく「ただの検索ではない」ことを知る本当に良い機会でした。

Algolia API と InstantSearch の紹介では、 Shifter Headless との相性の良さを感じます。

InstantSearch は圧倒的スピードで、リアルタイムで複数の検索結果を表示してくれます。実際のユースケースでベストプラクティスを見せていただいたのですが、本当に驚きでした。

相性の良い Headless 構成は、グローバルでも多く使われているとのことで日本でも活用が広まることを願います。

複数のデータソースを一度に検索させることができる Federated Search(フェデレーション検索)は UX や CV、エンゲージメントの向上に役立つでしょう。開発には、addWidgets で効率の良い開発を進めることができことがイメージできました。

データ取得もいろいろできるそうです。

その他、様々なデータをまとめる The Algolia Crawler や検索結果の表示順を任意に調整できる機能、重みづけでイベントの微調整ができる Personalization 機能 、CV やビジネスへの影響を分析するのに役立つダッシュボード、チューニングの検証をテストすることができる A/B テスト機能などなど、参加者からはすごい!のコメントが連発していました。

また、日本独特の問題、漢字⇆ひらがな⇆カタカナ についてはベータ版での環境が提供されており、正式公開されるのが待ち遠しいです。

そして最後に綴られた、エンドユーザー・ビジネスオーナー(サービス利用者)・開発者(サービス構築者)への配慮のうち、どれか1つでも欠けてはいけないということ。

私もShifter を提供している立場として非常に深く共感しました。

長距離マラソンを走りきった気分になった篠原さんのターン。セッションが終わっても、熱い熱い質問とディスカッションは続きましたが、Meetup はこれで終わりではありません。

  • スライドはこちら
https://speakerdeck.com/shinodogg/algolia-2020-autumn

 

ラストはLTです。株式会社 現場サポートの上釜さんより「その WordPress ちょっと Shifter に移行してみませんか?」。活用術を学んだあとに実際に活用やトライをされている話を聞けるのは非常にありがたいことです。

上釜さんの熱い想いや経験がとても伝わる、正に生の声を聞かせていただきました。

デジタルキューブやShifterとの出会いは、AMIMOTO が最初のきっかけで、そこからコミュニティや Meetup 、人との繋がりの中で Shifter を使われるようになったそうです。

Shifterをとても上手に活用している様子も紹介していました。

篠原さんのセッションに出た Algolia の InstantSearch.js の爆速体験についても見せてくださり、本日の復習が短時間の間にできました。

最後に、Shifter について「Shifter の意味と意義と期待」として多くのフィードバックをくださいました。本当にありがとうございます。とても励みと学びになりました。

コミュニティにコミットする上釜さんらしい締め括りで本編は終了となり、ロスタイムに突入です。夜も更けてきましたが、早速いただいたフィードバックや質問など参加者のみなさんからも多く頂戴し、懇親会に移動する前にこのままの流れでディスカッションは続きました。

  • スライドはこちら
https://speakerdeck.com/kusokamayarou/20200909-shifter-onrainmitoatuhu-lt

 

大興奮に包まれながら、終わりそうで終わらない本編。
続きは翌日の Shifter オンラインもくもく会で、といった流れになるなど、気づけば終わったのは22:50でした。

長時間、最後まで多くの方に参加いただき本当にありがとうございました。懇親会へご参加いただいた皆さんも遅くまでありがとうございました。

登壇いただいた皆様、準備していただいた皆様、本当にありがとうございました。

何よりも最初から最後まで楽しい時間を作ってくださったみなさんに感謝です。

次回は Shifter オンラインミートアップ “Shifter Static 再入門 ”です。また次回お会いしましょう。

その他、オンラインもくもく会もありますので、作業や相談の時間にぜひ有効活用してください。

それではまた。