Tags: Shifter JA

真夏の暑さよりもさらに熱いミートアップとなった Shifter オンラインミートアップ 8月5日の開催レポート

みなさん、こんにちは。
8/5(水)に開催された “Shifter オンラインミートアップ「真夏の Shopify 特集」の様子を当日の資料やツイートまとめを含めて振り返り&紹介します。

ZOOM参加のみの開催となった今回の Shifter オンラインミートアップは、総勢60名近くの熱いメンバーが集まり、楽しくそして深い意見交換もあり、とても学びの多い刺激的な回となりました。Shifter や Shopify ユーザーといったくくりだけでなく、WordPress、Jamstack、ヘッドレス、サーバーレスといった今トレンドとされる技術に多くのプログラマーやエンジニア、デザイナーが集いました。また、制作サイドの人間だけではなく、実際ネットショップを経営されている経営/運営陣といった戦略層の方達も多く、いつも以上に多彩なメンバーが集まった回になりました。

そして、いつも感じることは、どの回も参加者全員のホスピタリティが高く、みんなで心地よい空間を作っていてとてもありがたく思います。みなさんのおかげで今回も“Shifter らしいハッピーな会” となったミートアップをレポートでもお届けできたらと思います。そして一人でも多くの人にまた次回以降も参加してもらえるよう運営のみなさんと工夫を続けていきたいと思います。

スピーカー

  • 高崎 健司さん
    伴走型のShopifyサイト制作・コンサルティングを行うnon-standard world株式会社の代表、CTO。
    Art & Tech for Retailをミッションに、美しさとテクノロジーの両立したサイトを作るために精進している。
    1983年、千葉県生まれ。2005年、国際基督教大学卒業後、ソフトバンク(株)入社、Web構築の仕事に従事した後、2009年に独立。2011年、non-standard world株式会社を起業。
    コーポレート URL : https://www.non-standardworld.co.jp/
    Blog : https://www.non-standardworld.co.jp/blog/
    Twitter : https://twitter.com/nplusone

 

それでは、Meetup を振り返っていきたいと思います。

いつもの恒例となりました、ZOOM のバーチャル背景の配布は事前に案内し、開始時間まであと少しとなりました。

司会進行役は Mr.顔抜き WKJ、カスタマーサクセスの赤塚さん
開始までの時間を独特な赤塚さん節であっためます。
参加者の皆さんは、いつもより集まりも早く、オフィス勤めや自宅勤務の方が混在する時期において非常にありがたいことだなと感じてました。新様式の過渡期の今、色々と不自由や不便なこと、不慣れなことがありながらもこうして元気に続々と集まる皆さんを見ると嬉しくなりますね。

そしてオープニングトークへ。
Shifter の基礎的なおさらいやアップデート情報を Shifter Meetup では冒頭に紹介するのが恒例となっています。今回も肝となる Jamstack の構成についてもおさらいをして、Shifter と Shopify のインテグレーションポイントとなる理解を深める準備運動をしました。

機能ではないですが、みなさんにより知ってもらうためのチャンネルも適宜アップデートされています。Blogサポートドキュメントの他、 Youtube でもコンテンツを公開してますので、ぜひ今後ともご覧いただけると嬉しいです。グローバル版、日本語版とこちらは展開していく予定です。

機能アップデート情報は3点、Media CDN の正式公開案内と予約公開を可能にする Scheduled Publish の案内、そして Gatsby CLI の一部となった Shifter Gatsby Recipe の紹介がありました。

中でも Media CDN と Scheduled Publish は、Shifter Static が持つ機能の中で人気の高い注目の機能になることは間違いないと思います。

スピードは正義というパワーワードも飛び出した今回のミートアップ。その役目の一つを担うのが Media CDN。これまで多くのユーザーからご要望が寄せられていた予約公開がついに満を期して登場したのが Scheduled Publish。
ぜひ試していただき感想をお聞かせください!

  • スライドはこちら
https://speakerdeck.com/digitalcube/shifterfalseji-ben-tozui-xin-atupudetofalsegoshao-jie

それでは、いよいよ Shopify 特集のお時間です。

トップバッターは “Shifter Static で Shopify “ BuyButton.js ” を活用してみよう!” ということで、Shifter で Shopify を簡単に活用できるライトな入門編からスタートです。
スピーカーは、株式会社デジタルキューブ / Customer Marketing Manager 伊藤がお届けします。

まず、なぜ Shifter Static と Shopify の組み合わせが良いのかシェアしました。2つが持つ特徴は非常に親和性が高く、組み合わせることによって最高のユーザー体験が得られることができるからです。それは、サイトに訪れるユーザーはもちろん、サイト管理者にとっても最高のユーザー体験を得ることができます。また、サイトに訪れるユーザー(顧客)は最高のユーザー体験を経て欲しい商材を手に入れることができるので良いことづくしです。
すると…

はい、私もすぐにそんな気持ちになりました。
私が思うに、SaaSにおいて「これならできそう!」ってすぐに思えることが導入の決め手なんじゃないかと常々思ってます。
設定もシンプルで簡単なので、ライトにとりあえず始めたいという方はぜひお試しください。

  • スライドはこちら
https://speakerdeck.com/hiroramos4/shifter-online-meetup-200805

続いて、non-standard world株式会社 / CTO 高崎さんより“Shopify と GatsbyJS を使ったヘッドレスコマース入門” ということで、Shopify に特化した ECサイトのスペシャリスト高崎さんが Shopify の魅力から基礎的なヘッドレスコマースについてわかりやすく解説してくださいました。

次世代型 EC サイトと呼ばれるヘッドレスコマースは、「BackendとFrontendの離婚」という言葉がとてもわかりやすかったんじゃないでしょうか。高崎さんの会社サイト記事にもあるように、ヘッドレスコマースとは、データ(バックエンド)とデザイン(フロントエンド)の分離が特徴的なECサイトです。従来型の一枚岩となっている EC サイトでは受け難いメリットが紹介され、参加者は聞き入っている様子でした。

中でも「速さ」「高速」という点においては、通常のサイトよりも EC サイトの方が結果(CV など)として顕著に現れるのではないでしょうか。参加者の皆さんもここには特に敏感に反応してましたね。また、セキュアな点や自由度の高さなど Shifter との特徴ともマッチするように EC の世界ではこのような要求や要望を満たすために、モノシリックからヘッドレスへと開発の変革が着実に広がってる時代に突入していることを感じました。
GatsbyJS や GraphQL といった昨今の Jamstack なアプローチにおいて外せない存在です。これらの話題にも参加者みんなで前のめりで聞き入ってしまいました。

また、なんと言ってもヘッドレスコマースにすることによって、売り上げや回遊率が上がると言ったビジネスに貢献している利点を聞けたことも大きな収穫でした。

  • スライドはこちら
https://speakerdeck.com/nplusone/shopifytogatsbyjswoshi-tuta-hetudoresukomasuru-men

ラストはShopify Japan 株式会社 / シニアテクニカルパートナーマネージャの岡村さんより “ShifterでのShopify Headless Commerceの活用” と題し、Shopify の概要からヘッドレスの実現方法を Shifter と絡めて学びの深い話をしてくださいました。

Shopify は単なるショッピングカートではなく、商いを全てサポートするとおっしゃった通り、商いの全ての機能が備わってますの力強い岡村さんの一言に参加者一同「うおーっ!」とテンションが上がり湧きました。

また、API の豊富さは汎用性の高さを実感することができこの辺りについてもみんな活用の期待が高まりました。

ここではヘッドレスコマースを Shopify を起点に解説してくださり、参加者の皆さんもかなり頭の中がクリアになった印象が伺えられました。

ヘッドレスコマースの事例やメリットは Shopify ブログにも記載されてるとのことで、今後もさらに理解を深めることができそうです。

そして話は Shopify と Shifter の関係性について詳しくお話くださいました。
API と SDK を使って、シームレスに活用することができることがわかりました。

WordPress ユーザーにとって恩恵も受けられるので嬉しい発見ですね。
Shifter Headless も GraphQL サポートしてますのでぜひ活用ください。

紹介があったように、コンテンツを Shopify ではなくWordPress で管理したい方のための Shopify BuyButton.js のカスタマイズドキュメントも充実してますので、この辺りはぜひ Shifter ユーザーに試していただきその声をまたみんなにぜひシェアしてもらえると嬉しいです!

  • スライドはこちら
https://speakerdeck.com/benzookapi/shifterdefalseshopify-headless-commercefalsehuo-yong

以上で本編は終了となりましたが、余韻冷めやらぬ今回は感想戦ということで懇親会前に質疑応答やディスカッション、飛び込みシェアなど熱い熱い深い夜となりました。

そして次回の “Shifter オンラインミートアップ “Shifter Headless と Algolia 活用術!”にも繋がる話ができ、最後まで有意義な時間を過ごすことができました。本当に学びも深く楽しかったです。

また今回も「検索」や「A/Bテスト」と言った、運用や実装においてよくお伺いするワードも飛び出し、これらの関心の高さも生の声で実感することができました。

その「検索」においてはShifter 実装において推奨する Algolia をよく Meetup でも口にしてますが、これについてはいよいよ次回初登場登壇となります。ぜひお楽しみに!

今回も参加された全ての皆さんのおかげで、Shifter Meetup らしい笑いあり、学びありのとても学びの深い会となりました。
本編終了後は、懇親会でさらにディープな世界に・・・本編とは別にここでも熱いディスカッションが行われ、日付またいで終了となりました。

参加してくださった皆様、登壇いただいた皆様、準備していただいた皆様、本当にありがとうございました。

次回の 9/9(水)Shifter Meetup “Shifter オンラインミートアップ “Shifter Headless と Algolia 活用術!”の他、8/26(水)オンラインもくもく会もありますので、作業や相談の時間にぜひ有効活用してください。

 

それではまた。