Using WordPress Theme on Shifter Static

Hiromi Ito | May 14, 2020

Shifter Static でお使いいただける、WordPress テーマについてご紹介します。

今回紹介する WordPress テーマは、私たちと共に do_action をサポートするスポンサープロダクトです。

Vektor,Inc.

Vektor,Inc. WordPress Solutions は WordPress テーマ「BizVektor」「Lightning」を筆頭にテーマ・プラグインを配布・販売しています。
あわせてウェブサイトに必要な様々な機能をまとめた「VK All in One Expansion Unit」や便利なブロックを増やす「VK Blocks」など便利なプラグインをWordPress公式ディレクトリで公開しています。
また、現在感染防止のため営業縮小を余儀なくされる各種施設向けに、EC サイト構築プラグイン WooCommerce に対応した前売りチケット管理用プラグイン及びデモサイトデータ一式を2020年5月上旬より期間限定で無料配布予定。

サイト URL : https://www.vektor-inc.co.jp/

LIQUID PRESS

LIQUID PRESS は、ブログ、ビジネス、オウンドメディア、ランディングページなどの各種 WordPress テーマを提供する、WordPress 公式有料サポートテーマです。
安心の導入サポート対応のほか、多言語対応、コンテンツ分析、Web 接客ツール、A / B テストなどの便利なツールもございます。
WordPress ブロックエディターでの記事作成を効率化する、ブロックテンプレート「LIQUID BLOCKS」もおすすめです。

サイト URL :  https://lqd.jp/wp/
導入事例 :  https://lqd.jp/wp/case.html

Snow Monkey

Snow Monkey はモンキーレンチ 、および GitHub におけるコントリビューターやユーザーの協力によって開発されている 100% GPL の WordPress テーマです。
WordPress の機能を損なわない形で必要十分な機能を備えており、初心者にも使いやすく、カスタマイズ性 / 拡張性の高さから開発者向けにも最適なテーマです。

サイト URL : https://snow-monkey.2inc.org/

 

3つ共に、信頼と実績のある人気の高い WordPress テーマです。
ぜひ Shifter Static でお試しください。

面倒なホスティングやセキュリティの担保は Shifter Static に任せ、コンテンツ管理は最適化された WordPress テーマを使うことで、Web サイトの品質と運用管理を向上することができます。

Shifter のコンセプト

WordPress をモノリシックなスタック から マイクロサービス へシフトする SaaS です。

Shifter の特徴

  • エンドユーザーは使い慣れた WordPress ダッシュボードでコンテンツの運用(投稿・編集)が可能
  • Web 開発者は WordPress のナレッジやプラグインエコシステムを利用可能
  • サーバ管理者はフルマネージドの SaaS でメンテナンス、セキュリティ、スケーリングなどの対応が不要
  • Web 担当者は容易に Web パフォーマンスの向上や SEO への恩恵が得られる
  • サイト利用者(訪問者)は快適/快速な閲覧体験( UX )を得られる

Shifter Static の利点

  • WordPress テーマをそのまま静的化できる
  • WordPress テーマ開発のナレッジとエコシステムを継承してモダン Web DevOps へ
  • Shifter Static 単体で Web ホスティング・開発・運用・配信までワンストップで完結できる

 

実際に Shifter Static で使ってみましょう

Shifter Static で WordPress テーマを使うから言って、何か特別な作業はありません。有料テーマを利用するときと同様です。いつも利用しているように WordPress をお使いいただけます。

予め各社サイトより WordPress テーマのダウンロードし、ご準備ください。

1. Shifter Static にログインまたはサインアップ

初めての方はこちらのサポートドキュメントをご参考ください。

Shifter にログインして WordPress ダッシュボードを起動します。
新規作成の方は、Static を選択していることを確かめてください。

2. 「Create new site」で 新規作成

「Create new site」で 新規作成 / プランを選択し、新規サイトを作ります。

3. WordPress を起動して WordPress ダッシュボードにログイン

1クリックでいつもの WordPress ダッシュボードが開きます。

4. 予め用意した WordPress テーマを登録し、有効化

Theme から新規アップデートをします。
その際、予めダウンロードして用意したテーマ zip ファイルを選択し、インストールします。

インストール後は、利用するテーマを有効化しお好みの設定を施してください。

※テーマに関するサポートガイド
Vektor,Inc. / Lightning : https://lightning.nagoya/ja/setting/basic
LIQUID PRESS : https://lqd.jp/wp/manual_set.html
Snow Monkey : https://snow-monkey.2inc.org/startup-guide/

5. コンテンツを完成させ、パブリッシュ

WordPress ダッシュボード上で編集し、パブリッシュしてください。

6. Shifter ダッシュボードに戻り、Deploy / Generate

以上、1クリックで 静的サイトに変わります。

 

併せてこちらもご覧ください

数ある機能の中から、よくフィードバックいただく機能について一部ご紹介します。

カスタムドメインの設定

カスタムドメインをご利用の際は、Shifter ダッシュボード及び各社プロバイダにて設定が必要です。
各社に併せてサポートドキュメントをご用意してますのでご参考ください。
サポートドキュメント : https://support.getshifter.io/en/collections/1394639-setting-up-custom-domains

WebP フォーマットへの自動変換

MediaCDN 機能を有効化していただくだけで、軽量で美しい WebP 画像の利用が可能となります。
参考文献 : https://www.getshifter.io/ja/blog/mediacdnbeta-webp

既存の WordPress サイトを Shifter に移管

All-in-One WP Migrationプラグインを使ったマイグレーション方法をご案内しております。
サポートドキュメントにてご参考ください。
サポートドキュメント : https://support.getshifter.io/en/articles/1311532

チームで運営管理

Shifter Static の Role機能を使うことで、複数のメンバーで効率的なワークフローの設計が可能になります。
参考文献 : https://www.getshifter.io/ja/blog/role-feature

開発・運用を補助

Shifter 本番環境でのトラブルシューティング時や開発時など恒常的なデバッグを行う際にお役立ていただける機能がございます。
参考文献 : https://www.getshifter.io/ja/blog/enable-debug-mode-on-shifter

 

最後に

Shifter Static を使えば、魅力的なコンテンツ作成・維持だけに集中することができます。
ぜひ一度、その価値を体験してみてください。

皆様のフィードバックをお待ちしております。

Ready to take your site to the next level?

Shifter is the solution for fast, maintenance-free WordPress websites.